ホーム > 院長Q&A

院長Q&A

Q.酸を含む食品の上手な摂取法を教えてください。

A.
酸や糖分を含む飲物は、飲み方によって歯へのダメージが違います。一番良くないのは、口の中にためたり、ちびちび飲む飲み方。あまり時間をかけないで飲む、ストローなどで歯に長く触れないように飲む等が有効です。口をゆすげば尚効果的でしょう。また、直後に硬い歯ブラシで強く磨くと、歯が削れやすく、酸蝕歯を進行させます。
特に乳歯や若い永久歯は歯が脆いので要注意。再石灰化を促すガムや磨き粉も有効です。だらだら飲食をやめ、疲労回復、冷え性改善、アンチエイジング等に「酸」とうまく付き合ってみては?・・・。


Q.コーラやレモン等、酸性の食品で歯が溶けるって本当?

A.
歯は酸で溶けたり、もろくなって虫歯の原因にもなります。特にコーラやレモンのようにイメージ的にも酸性の強い食品はもちろん、乳酸飲料や黒酢、ワインのように、美容や健康に欠かせない飲物やフルーツでさえ、ケアが悪いと歯のトラブルを招く元となります。ちなみに、コーラやレモン汁に歯をつけておくと、数週間後には表面がやわらかくなったり、白く劣化したりします。これに糖分が入っているとてき面で、歯の劣化は加速するのです。でも、酸を含む食品が疲労回復や冷え性改善、今話題のアンチエイジング効果等の健康増進に欠かせないのも事実。酸を含む食品がダメと結論づけるのは間違いです。飲み方、食べ方や、歯磨きの仕方で、食事と、歯の健康バランスをとりましょう。


Q.歯並びに関係なくフロスや歯間ブラシは使うべき?

A.
歯ブラシ以外の、デンタルフロスや歯間ブラシの使い方や効果、わかっているようでも正しく使うのは難しいものです。細い糸で歯の間を清掃するフロスは、大人も子供も歯数が残っている方にとっては、歯垢除去率を飛躍的に向上させ、虫歯や歯周病予防にとても重要です。また、フロスのひっかかり具合で、虫歯やつめ物・かぶせ物の不具合を発見したり、出血の有無で歯周病管理にも役立ちます。口臭予防にも効果大です。歯間ブラシは、若年層や歯茎が下がっていない方は通す必要はありませんが、歯間に隙間があったり歯周病に罹患している方、矯正器具等で細部が磨けない方には、正しいサイズを選択しての使用をおすすめしています。いずれも正しく使う事で、気持ちの良い、口腔環境管理に役立つグッズです。なぜ、どうしても含めて、専門医の指導を受けましょう。

Q.子どもは虫歯になりやすく進行も早いって本当?

A.
乳歯や幼若永久歯(ようじゃくえいきゅうし=生えたばかりの永久歯)は、表面のエナメル質が脆いため、虫歯になりやすく、進行が非常に速いのが特徴です。しかも、痛みがあまりないまま進むので、気づかないうちに大きな虫歯が何本も…なんで事がよくあります。子どもの歯は、質が弱いだけでなく、溝の形が複雑で、交換期には並びがでこぼこになるので、汚れがたまりやすく、磨き残しが多くなりがちです。しかし、乳歯や幼若永久歯は、未完熟な分、唾液からカルシウムやリンなどのミネラルを容易に取り込みます。この時期にフッ素を利用すると、前述のミネラルなどと協調して歯の再石灰化を促し、丈夫な歯を作ることができるのです。痛みを伴いにくい子どもの虫歯ですが、放置すると歯並びが悪くなったり、顔や全身の成長に悪影響を与え、健康自体を損なう事もあります。強い歯を作ることは、強い体を作る源になるのです。

Q.子どもの銀歯に抵抗が…他の方法は?体への影響は?

A.
金属のつめ物以外では、レジンと呼ばれる白いプラスチックのような物があります。歯の削合量を減らし、審美的には良好な面がメリットです。但し、条件によって適さない場合もあります。形とりをして修復する方法は、強度の面で優れ、適合性が良いので、二次う蝕を予防し歯肉の炎症を抑える事で、歯と歯肉を守る治療と言えます。この場合使用される金属は、歯科材料として安定性の高い物で、体に悪いということはありません。但し、金属アレルギーがある方は使用できませんが、金属の種類にもよる事、他のつめ物でもアレルギーは起こり得ることも知っておくべきです。保険外であれば、審美性と安全性を兼ねたつめ物、被せ物もあります。乳歯か永久歯なのかも考慮すべき点です。個々にあった納得の治療を、正しい知識のもと、かかりつけ医とご相談ください。

Q.子どもが熱い物や冷たい物がしみる様です。虫歯ですか?

A.
歯がしみる原因として、大きく分けると虫歯、歯ぎしり・くいしばりからの知覚過敏が考えられます。虫歯も最初のうちは、冷たい物がしみるだけですが、神経をいじめ出すと熱い物でしみたり、自然に疼いたりします。神経が死んでしまうと、一時的に痛みは感じなくなりますが、放置すると化膿して、骨が感染し、我慢できない位痛み出します。ひどくなると夜眠れない事もあります。神経を取っても歯を残せれば良いのですが、放置した虫歯は、抜歯になることも少なくありません。歯ぎしりでも、歯の表面がもろくなり、削れたりするので、知覚過敏を起こしてしみてきます。歯が欠けることもあります。いずれにしても、早期の虫歯治療や、習癖から歯を守るマウスピース等、適切な処置で、大切な歯を守る事ができます。まずは、かかりつけ医にご相談を。

Q.子どもの歯ブラシ選びと仕上げ磨きのポイントは?

A.
乳歯の生え始めから、永久歯が生え揃うまでの時期は、歯列の状態に合わせて歯ブラシを選びましょう。乳歯の生え始めは、仕上げ磨き用歯ブラシを使います。柔らかめの毛で歯肉を傷つけず、お母さんが持ちやすいグリップになっています。乳歯期には、子どもが持ちやすく、小さい歯にピッタリサイズの乳歯期用で。大小の歯が凸凹に混在する生え代わりの時期には、6才臼歯に届きやすいネックの長さと、やや大きめの混合歯列期用を使います。凸凹部分は、独特な植毛形態のタクトブラシを使うのも有効です。仕上げ磨きのポイントは@歯と歯、歯茎との間に、毛先を直角に当てる➁優しい力で小刻みに磨く➂上下の奥歯と上前歯の仕上げをしっかりCぐずる時間を避け、歯茎や粘膜は人差し指でガードして痛くないように、等々工夫できる事はいっぱいです。

Q.「歯が痛い」と思っていたらしばらくすると…治った?

A.
「歯が痛い、虫歯かな」と思っていたら、いつの間にか落ちついている事があります。種々のケースが考えられますが、大きく分けると3つ。@知覚過敏や、神経の軽い炎症で一過性のもの。➁虫歯が深く、痛い時期を通り過ぎると、神経が死んで、痛みがなくなります。その後、根の先に膿がたまり、顎骨が炎症を起こし、激しい痛みが再度訪れます。回数をかけた根の治療で治る事もありますが、抜歯にいたる事も珍しくありません。➂歯周病の急性期には、歯ぐきに膿がたまって痛みが出ます。腫れた所が破れて膿が出ると痛みが減りますが、放置すると、腫れと痛みを繰り返しながら骨が溶けて歯が抜けてしまいます。仮に@のような一過性の痛みであっても、適切なアドバイスや処置を受けることで症状を軽減できます。「あれっ」と思ったら、先ずはかかりつけ医に相談してみましょう。

Q.虫歯菌について、3才位まで注意した方がいいって本当?

A.
虫歯がができにくいお口の環境づくりは、1才半〜3才位までのケアが重要です。虫歯菌はこの時期に、お母さんや周りの人々の唾液から感染するのです。但し、感染しても、だらだら食べをする食生活にしない、ブラッシングをこまめに行う等の、虫歯菌が定着しない努力をすれば、歯の質やお口の環境も含め、虫歯ができにくい状態をつくることができます。またこの時期は、柔らかく、虫歯になり易い生えたての幼若(ようじゃく)な歯を、きちんとした食生活のリズムづくりや、フッ素を併用した正しいブラッシングを習得する事で、強い歯へと育てていく大事な時期でもあるのです。妊娠期を含めた、お母さま方ご自身のお口の整備が、まず一番。その上で、3才位までの子どものお口の環境づくりを、あきらめず根気強く努力してみましょう。

Q.歯磨き粉は何才から使うの?飲んでしまっても問題ない?

A.
一般的な歯磨き粉を使っての歯磨きはぶくぶくうがいができるようになる3才位が目安となります。上手くうがいができないと、磨き粉ごと飲み込んでしまう割合が大きくなってしまいます。もちろん、いくつになっても多少は飲み込む分もあるのですが、適量を適切に使用している限りは、健康を害する心配はありません。うがいができるようになるまでは、何もつけないブラシでしっかり磨ければ問題ありませんが、フッ素による歯質の強化を望む場合は、泡立たないので磨き易く、うがいや拭き取りのいらない、植物原料でできた飲みこんでも大丈夫なジェルタイプの磨き粉もあります。泡状・液状のスプレーで、うがいのいらないフッ素配合のものを使っても良いでしょう。かかりつけ医に相談しながら、成長に合わせた適切な使用を心がけましょう。

Q.妊婦さんが気をつけるべきお口のことを教えてください

A.
妊婦さんのお口の事で、気に留めるべき点は、大きく分けて2つあります。ご自身のお口の環境の変化に対する管理を怠らない事と、お腹の中の赤ちゃんの口腔環境形成に、大きく関係している時期であることを認識しておく事です。妊娠期特有の、ホルモンバランスの変化やつわりによって、虫歯や歯肉炎、歯周炎になりやすくなります。重度の歯周病は、低体重児出産の確率を増します。喫煙や過度なダイエット等も早産を誘発する事があります。歯石除去やクリーニング・ブラッシング指導を受けたり、生活環境を改善したりすることでリスク回避ができます。また、赤ちゃんの歯は、お母さんのお腹の中で妊娠初期から作られる事も忘れずに。カルシウムだけでなく、バランスの良い食事を心がけ、強い歯を作る準備をしてあげましょう。妊婦さんの体やお口は直接赤ちゃんの健康に結びついているのです。

Q,これからのお出かけシーズン外出先での虫歯予防は?

A.
外出先での虫歯予防対策、確かに時間や場所の制限があり、万全を期するのは難しいですね。もちろん、歯磨きセットを携行し、短時間でもブラッシングをして頂くのが一番有効です。磨き粉を使わず、歯ブラシのみでも構いません。歯ブラシが無ければ、食事やおやつの後、こまめにお茶や水でお口をゆすぐだけでも、虫歯の素となる歯垢の付着を少なくする事ができます。また、キシリトール配合(糖質に対して50%以上)のガムやタブレットを上手に使うのもいいでしょう。キシリトールには、虫歯菌の大好きな酸を作らない、虫歯菌自体の増殖を抑えるなどの性質がある他、唾液の分泌を促し、歯の石灰化の手助けもします。但し、シュガーレス表示があり砂糖等が使われていない事や、飴等は咬まずになめる事が条件です。意識を持つ事、ちょっとした努力で、虫歯予防の工夫をしてみましょう。

Q.子どもにも歯周病ってあるんですか?

A.
歯周病は大人だけの病気ではありません。歯周病は、歯茎の炎症による腫れ・出血を伴う歯肉炎と、歯を支えている骨まで溶けてしまう歯周炎とに分けられます。小中学生の歯周病は、ほとんどが前者の歯肉炎=初期の歯周病です。歯垢の中の歯周病菌が原因で、ブラッシング不足や、糖分を多く含んだ軟らかい物を摂取する機会の増加、口呼吸、歯列不正等が炎症の増悪因子となります。10代の子どもの5割がこの歯肉炎に罹患しており、お口の環境次第では、将来歯がぐらぐらになる歯周炎を経て、早期に入れ歯になる可能性も。また稀にですが、若年者にも侵襲性歯周炎と呼ばれる急速な進行を伴う難治性の歯周炎が発症することもあります。いずれにしても、子どもだからと軽く考えるのではなく、子どもの時から、という予防と早期治療を心がけることが大切です。

Q,妊娠中に歯の治療が行えない時期ってありますか?

A.
一般的には、歯科治療が行えない時期はありません。しかし、時期によって治療方法や処置内容が異なります。安定期(5〜8か月)であれば、比較的心配なく通常治療を行うことができます。この時期に体調をみながら、頑張って加療される事をおすすめします。また妊娠初期や後期は、応急処置を中心に、母体やお腹の赤ちゃんに細心の注意を払った治療が行われます。いずれの時期も、画一的な治療ではなく患者さん個々の健康状態・心理状態を加味して、相談の上、方針が決定されます。皆さんにとって、レントゲン、麻酔の注射、投薬等は不安でいっぱいのはず。でも、重要度とリスクを充分考慮し、必要性を検討した上で活用されるので心配はいりません。早産や低体重児出産の原因になる歯科疾患。妊娠が分かったら早めに健診を受けて、出産に備えましょう。

Q.歯の矯正をした方が良い基準って?タイミングは?

A.
「基準は?」との問いに、一言でお答えするのは難しいのですが、歯並びや咬み合わせが悪いと、虫歯、歯周病になり易く、顎関節症や構音障害、咀嚼能力の低下からくる肥満、コンプレックスから思い切り笑えなくなる事などが、一般的には考えられます。このような結果を招く可能性がある歯列不正に関しては、1つの基準と言えるでしょう。またタイミングですが、永久歯が生え揃う前が、検査・治療の最適な時期と考えてください。思春期を迎え、
顎の骨が急成長する時期をうまく矯正に利用するのです。顎の成長を抑えたり促進したりする治療で、永久歯のためのスペースを作ったり、上下の顎のバランスをとる事で、永久歯列完成後の本格的治療を容易にし、永久歯を抜歯しての矯正を減らすこともできるのです。お子さんの歯並びが気になったら、まず治療の必要性とタイミングを相談してみましょう。

Q.きちんと歯磨きしているのに子どもの口臭が…なぜ?

A.
子どもの口臭の原因ですが、大人と同様に、虫歯や歯肉の炎症、歯垢の付着や舌苔などが考えられます。しかし、清掃状態は良好なのに口臭が気になる事もあります。原因としては、口呼吸が考えられます。これは、鼻疾患や鼻の通りが慢性的に悪いなど耳鼻科系に起因するものと、最近の食生活やライフスタイル、遊び道具の変化に伴い、口の周りの筋肉の機能が乳幼児期に鍛えられない為に、鼻で呼吸ができず口呼吸になってしまうものがあります。口が乾燥しやすい口呼吸では、唾液の作用が低下し、口腔内の細菌の繁殖が促され、口臭の原因となってしまうのです。神経質になりすぎることはありませんが、かかりつけ医で口腔機能の発達に関するアドバイスや、ブラッシング指導を受ける事で、口臭予防に役立つ知識を増やし、お子さんに役立ててみましょう。

Q.歯ブラシ以外で有効な歯みがきケアを教えて!

A.
歯ブラシでのケアは、日常の習慣として定着しています。しかし、虫歯や歯周病対策のためには、歯ブラシに加えてデンタルフロスや歯間ブラシ、マウスウォッシュ等を使用することをおすすめします。上手な使い方と手順を簡単にお話しましょう。まず歯ブラシ。歯の形や歯列をイメージしながら、歯茎の際まで丁寧に磨くことが大切です。鏡を見たり、子どもの場合は歯垢染め出し液を使うのも有効でしょう。次にフロス。磨きにくい歯間部や、歯肉のポケット清掃に力を発揮します。隙間の大きい部分は、歯間ブラシで歯垢を掻き出しましょう。歯茎を傷つけないように、歯の側面に沿わせて使います。どちらも就寝前の歯ブラシ後が有効です。仕上げにデンタルリンスで殺菌・歯面コーティングを図るといいですね。正しい使用方法と手順を、かかりつけ医に教わってみては。

Q.自宅での歯みがきチェック何に気をつけたらいい?

A.
お子さんの仕上げ磨きがストレス、なんてこともあるのでは?子どもが嫌がらないよう、効率の良い歯磨き習慣が大切です。乳児期からガーゼで拭いたり、歯の萌出を見ながら徐々にブラシに慣れさせていきます。頭が固定され口の中が見やすい寝かせ磨きや、嫌がるようになったら、立たせた状態で後ろから顔を上向きにして磨く等、体勢も工夫しましょう。前歯奥歯、表裏と磨く順番を決めるのも有効です。上の前歯は粘膜に注意しブラシを軽く横に振動させ、隙間のない歯列にはフロスを併用。奥歯の外側は口を閉じ気味にして、内側は舌の下側からブラシを入れ、溝は音がするくらいに毛先を垂直に当てましょう。生え始めの六才臼歯は、横からブラシを入れて丁寧に。下の前歯は最後でも。磨き粉なしでも、きちんと汚れが落ちれば大丈夫です。ママも一緒の習慣づけが大切です。


医療法人 拓医会 スカイデンタルクリニック
〒812-0017 福岡県福岡市博多区美野島4-1-10 パロス美野島1F
092-412-6630

Copyright (c) Sky Dental Clinic All Rights Reserved.